鉄骨系で指摘率の高い項目

基礎天端レベル 不良

柱がまっすぐに建たない。
当たり前ですが鉄骨造は柱を直接基礎上に乗せて構造を成立させます。

写真のような基礎に柱を乗せると、垂直に建たないのは容易に想像がつくと思います。柱の長さは工場で精度よく製作してきますから、柱を乗せる基礎の高さが一定であれば理論上は家が真っ直ぐに建つ事になりますが…実際には、基礎高さ精度の悪い現場が多いことは知られていません。

鉄骨造は現場での微調整が難しく、1階の柱が真っ直ぐ建たない場合、上階に行けば行くほど曲がってしまう建て方です。また、基礎の高さが悪く、削って調整をする現場を多く見かけますが、丁寧に修正をしないと柱を緊結するアンカーボルトを傷つけてしまう恐れがあります。

そうなってしまったら、大地震発生の際にボルト破断の可能性がありますから実にデリケートな工事が要求されるのです。