チェック 事例

■ 間取りチェック

住宅設計には基本があります。言い換えれば「プラン集」のような形で、最大公約数を鑑みた設計行為を実施する設計者が数多くいます。

ですが、「理想の家」は1棟1棟全て違います。最近では性能スペックに目が行きがちな販売手法が目につきますが、重要なのはバランスを考えて設計することです。

敷地条件(方位・道路付・高低差・近隣状況)は当然ですが、そこに住まう一人一人の生活スタイルやニーズを汲み取って間取りを考えなくてはならないのですが、定型プランをそのまま敷地に嵌め込んでいるケースも珍しくありません。

一般消費者ではプランの良し悪しまではわからない。またプレゼンテーションを受けて、「いいな!」と思っても気づかないことも多々あります。

契約前に問題点を抽出し、その住宅間取りを正しく理解をしてから契約に進んでもらいたいという想いからこのサービスが始まりました。

■ 見積もりチェック

ハウスメーカーでの家づくりは「資金計画」から始まります。
極論すると、頭金がいくらで住宅ローンがいくら組めるか?で支払える費用から住宅建築費用を考えていく営業マンが多いです。一般の方では「資金計画」や「建築工事見積」のどこをチェックすればいいのか?がわからないですから、出されたモノを信じるしかなく、家の値段はこんなものか・・で契約をするケースがほとんどです。

見積もり計上されておらず後で追加になりそうなものや、相場感から値段の良し悪しをチェックしてほしい方向けのサービスです。

また、土地購入から始める新築計画のケースで、解体工事を施主支給契約する場合があります。

施主支給とはハウスメーカーに依頼するとメーカー経費が掛かるので、安価に抑えたいという理由により、自身で業者を見つけて直接工事を依頼することを呼びます。

そういった場合の見積もりチェックも対応しています。

【 ↑ チェック前 見積書 】
【  ↑ チェック後 見積書  】

エリア特性や現場の状況にもより絶対減額できるというサービスではないですが、金額確認してから、納得した契約をして頂きたいですね。「一体、どうなっているの??」と、消費者の方は思うかもしれませんが、業界ではまだまだどんぶり勘定的な部分が残っています。